Taizhou Volsen Chemical Co., Ltd.
ホーム製品情報紫外線吸収剤および光開始剤3-アミノ-4-メチルピリジン3430-27-1
3-アミノ-4-メチルピリジン3430-27-1
  • 3-アミノ-4-メチルピリジン3430-27-1

3-アミノ-4-メチルピリジン3430-27-1

基本情報

モデル: 3430-27-1

製品の説明

3-アミノ-4-メチルピリジンCAS番号は3430-27-1であり、彼の合成法はその出発原料に従って以下のように大きく分類することができる:
(1)2−アミノ−4−メチルピリジンを原料とし、まずジアゾ化、加水分解して2−ヒドロキシ−4−メチルピリジンを得た後、硝酸と硫酸との混合物でオキシ塩化リン、ペンタクロロベンゼンをニトロ化する。酸素リン塩素化、Pd / C接触水素化還元脱塩素化して、3-アミノ-4-メチルピリジンcas 3430-27-1を得た。この方法は、長い経路、低い製品収率、大量の廃酸および廃水、深刻な環境汚染を有し、そして工業生産には適さない。
(2)アセト酢酸エチルおよびシアノアセトアミドと縮合させて2,6−ジヒドロキシ−3−シアノ−4−メチルピリジンを得、次いでこれを塩素化し、加水分解しそしてホフマン分解して2,6−ジクロロ−3−アミノ−4−メチルピリジンを得る。これをPd / C水素で脱塩化水素して3-アミノ-4-メチルピリジンを得る。この方法は伝統的な硝化の欠点を回避するが、それでもなお低い生成物収率および長い反応経路の欠点を有する。
(3)無水トリフルオロ酢酸を溶媒とし、濃硝酸でニトロ化し、ニトロ基を移動させてメタ重亜硫酸ナトリウム水溶液で3−ニトロ−4−メチルピリジンを得た後、Pd / C触媒で還元して3−アミノ−4−メチルを得る。グループ。ピリジンこの方法の最初の2工程では反応時間が長く、そして高価でありそして再利用できない無水トリフルオロ酢酸が反応において使用される。したがって、工業生産は達成が困難です。
(4)3−ブロモ−4−メチルピリジンとボロン酸エステルをグリニャール反応させて4−メチルピリジン−3−ボロン酸を得た後、アンモニア源として無機アミドを使用し、溶媒中で触媒として金属酸化物を使用する。一段階反応は3−アミノ−4−メチルピリジンcas番号3430−27−1を生成する。この方法は、穏やかな反応条件および高い生成物収率を有し、そして工業生産に有利である。

セラ。カテゴリー :ノーカーボン紙および感熱紙の発色団および感受性

Cas No.:3430-27-1

同義語 :3-アミノ-4-メチルピリジン

3430-27-1

分子式C 6 H 8 N 2

分子量 :108.14

アッセイ≧99%

パッキング輸出に値するパッキング

l製品安全データシート要求に応じて入手可能

製品グループ : 紫外線吸収剤および光開始剤

この仕入先にメール
  • Amy ChengMs. Amy Cheng
  • あなたのメッセージは20から8000文字の間でなければなりません

人気製品

関連製品リスト